THE BLACK STALKER

BLACK JACK SNIPER(黒鯛師) 研鑽!

釣り(タックル)

39TLM

 今年の夏から本腰を入れて使用している、目印の釣りを主眼においたオールテレガイドロッド。ようやく自分のスタイルが確立し、ここにきて釣果に繋がってきました。
 今回は現在主力で活躍している 『 39TLM 』(TL=テレガイド M=マルチレングス) にスポットを当て、そのメリットと活用法についてご紹介いたします。

プロローグ  
 

 私がよく通う神戸港の釣り場は水深のあるフィールドが多く、堤防の形状は垂直護岸をはじめ、パイル・台船など多岐にわたっています。

20170827神戸渡船20170903神戸渡船-5 

 

 

 

 

また北よりの風になると六甲山系からの吹きおろしとなるので、大阪湾より風が強いのも特色のひとつでしょう。そんなフィールドでは季節や気象条件によりバイトしてくる棚が4メーター以上の展開もめずらしくはなく、全層アプローチできるヘチ釣りが多い釣り場でもあります。神戸港のもうひとつの特色としては大阪湾と比べると河川が少なく水質・水温変動が穏やかでイガイが落ちにくい環境であり、イガイでの釣期が長いことがあげられます。
 これらのフィールド条件においてオーバーハングでの展開になると、イガイの進行方向をコントロールできる目印の釣りが断然有利であり、年間を通して一本のロッドで目印を主にヘチ釣りにも対応できる、いわば全層のアプローチに対応できるロッドがないものかと考えました。

  

オールテレガイドに着眼!

  

 目印での落し込み竿はUガイドが主流であり、イトフケ出さずにロッドへのライン絡み防止や感度性能を上げる意味でも優れています。しかしデメリットとしてはラインの出し入れが悪く、深い棚をアプローチする時はロッドを何回もしゃくらないといけません。また小さなUガイドでは目印を巻き込むことが出来ず、五防の台船と台船の間、六防のドルフィンパイルなどにおける立ち位置を制約されるアプローチには不利な条件となります。これらを解決するためには当然"大径ガイド”が必要であり、求めるられるのは磯竿の様な性能。また高低差のある堤防をストレスなく釣るためにはマルチレングス機能がマッチしています。レングスについては神戸港での実釣経験上、MIN3m~MAX4mほどとなります。
 
これらの条件が揃ったロッドを探した結果、

2017091720170827神戸渡船-4 

 

 

 


現行モデルの 小継 飛竜 1号-39M 』 (33-39マルチレングス)をチョイス、搭載されているメガトップは高感度&高強度のカーボンソリッド穂先、細径で柔軟、ハイテーパーが特徴で、カーボン穂先特有の手に響く感度はもとより、穂先に表れる視覚的感度も大幅に向上、これにより穂先先端部がキュッと曲がるため、「アタリ」の 情報を自分の目でダイレクトに確認でき、精度の高い攻めが可能です。次に6レングスに設置されているV-ジョイントは節の継ぎ目に生じる剪断変形を抑え、しなやかな調子が穂先から元竿まで途切れさせず、HVFカーボンのブランクはSVFカーボンよりも樹脂量が多い素材ですが、余分な反発力を抑えたマイルドな調子で、この特性を活かして粘りとしなやかさを高めたロッドに仕上がっており、目印での落し込み釣りでは申し分のない性能を持ち合わせています。

  

オールテレガイドロッドを活躍させるには!?

  

 さて、ベースとなるロッドが決まったところで、少し手を加えてイメージするロッドにしてみます。まずは目印の落し込み釣りでの大敵であるライン絡みの解消です。上げ下げの多い落し込み釣りではどうしても各ラインがヨレてしまいガイドへのライン絡み発生、特に良く振れる#1(穂先)・#2(穂持ち)に多発してしまいます。このことは穂先が折れるなどの無用なトラブルの原因となるので是非とも解決したい問題であり、そこでノーマルのLMガイドからライン絡み多い1〜2番節の固定ガイドまでを傾斜フレームで糸絡み激減させるチタンフレームIMガイドに変更しました。この変更により相乗効果として楕円SiCリングによる優れたライン放出・巻き取り性能も向上しています。

20170824神戸港-1020170917-1 

 

 


 

それに加えてBJシリーズのパーツから定評のあるEVA肘当てやロッドエンドキャップ、リールシートなどを移植してドレスアップを楽しんでいます。
 そして重要なのはテレガイドロッドの特性を活かせる目印仕掛けです。巻き込みが出来るので長い仕掛けが可能であり、深い棚でもアタリが見極められるよう仕掛けの全長を3メーター弱に設定、目印はパイプ派なのでガイドへの巻き込み時にガイドへの干渉を少なくするためにパイプの詰め物に工夫をして、パイプがフレキシブルに変形するようにしています。

2017090720170910 

 

 

 


仕掛糸は台船と台船の間を釣る時は強度のあるPEラインを使用。パイルやハングでの釣りでは「強烈なバックスライドは強烈な抵抗が必要」の観点から浮力のあるナイロンラインを使用し、ハリス側は浮力のある太い号数、途中からは浮力を抑え気味に細い号数に変え、2種類のナイロンラインを用いた目印仕掛けを導入しています。

  

今後のテレガイドロッドを考える・・・

  

 全層対応のテレガイドロッドは万能竿的な位置づけ、別の見方をすれば中途半端なイメージがつきまといます。しかしながら仕掛けを切らずにロッドを仕舞えることは時間の限られた地波止ランガンには最適なアイテムであり、また初めてのフィールドにおけるプラティクス釣行でも、数多くのタックルを持たずに一本で十分な情報を収集することが可能です。

20170910神戸渡船-1220170910神戸渡船-9

 

 

 

 

 今後、より細く折れない穂先の素材、それにともないより細径に対応できる誘導ガイドが開発されれば、伝統のUガイドロッド調子に遜色のないテレガイドロッドが登場するのではないでしょうか。現在の釣具の進化を見ていれば、そう遠くはない気がします・・・
 さて、この記事をお読みのアナタもフィールドを選ばず、全層アプローチできる更なる可能性を秘めたテレガイドロッドで楽しんでみてはいかがでしょうか!?

続きを読む

LONG-DISTANCE SHOOTING

 さて、年初から本腰を入れて使用している長尺前打ち竿。ようやく自分のスタイルが確立し、ここにきて釣果に繋がってきました。今回は現在主力で活躍している『飛竜クロダイT-63UM & MS-63U』にスポットを当て、そのメリットと活用法についてご紹介いたします。

飛竜クロダイってどんな竿!?

 

 昭和の時代からダイワの黒鯛(チヌ)竿として「飛竜」という歴史あるブランド名をつけられた現行の「飛竜クロダイシリーズ」は中京地区のアングラーからの要望で復刻したモデル。ブランクにHVFカーボンを使用し、BJシリーズのSVFカーボンよりも樹脂量が多い素材ですが、余分な反発力を抑えたマイルドな調子で粘りとしなやかさを高めたロッドになっています。特筆すべきは穂先に軽量で高剛性の「メガトップ」を採用しており、表現力の優れた穂先はちょっとしたラインテンションの変化を伝えてくれ、潮を読む!微妙な前アタリをとる!を自分の目でダイレクトに確認できます。
 黒鯛(チヌ)竿の条件を揃えたこのモデル、F(フィネス)・T(タフ)・MS(モンスター)調子の3タイプで、今では希少な三間半(約6.3m)のレングスもしっかりとラインナップされており、ビギナーからベテラン黒鯛師までをターゲットとした心強いブランドとなっています。


飛竜クロダイ63モデルのメリット!

 

 63モデルのメリットはなんといっても魚との距離を取れること!魚がスレているポイントを攻める上では最も重要であり、水面に人影を映さないこと、そして、水中に物音を響かせないことは必須の条件。たとえ、一歩二歩でも水際から離れれば釣果は確実にアップします!また魚が掛かれば長いブランクスはより多くの反発力を発生し、魚に対しより多くの負荷をあたえることが出来ます。なので積極的にロッドワークを駆使しなくてもタメるだけで魚の体力を奪う、いわば省エネのやり取りが可能であり、足場の悪いテトラでの釣りでは釣り人側に大きなアドバンテージをあたえてくれるのです。 

 それともうひとつ、足場の高い場所では穂先を海面に近づけることができるので、道糸が受ける風の抵抗を最小限に抑えることができます。強風下において取り回しだけを考えるなら短竿が有利ですが、的確なライン操作を考慮すると長竿に軍配が上がります。「強風だからこそ長竿」。こんな解釈がようやく定着してきました。
   短い竿は長くは使えないのですが長い竿は持ち位置しだいでは短くも使えるので、扱い方の慣れと立ち位置さえ考えれば足元の際穴だってしっかり攻めれます。様々な釣り場環境に対応することが可能なマルチレングスの『飛竜クロダイT-63UM』と強靭なパワーの『飛竜クロダイMS-63U』
20170409神戸渡船(飛竜クロダイT-63UM)20170115中島(飛竜クロダイMS-63U) 
 
 
 
 
 

 
 
釣りの精度を高め、黒鯛(チヌ)釣りの楽しさをより引き出してくれるロッドといえるでしょう。
  
飛竜クロダイ63モデルを活躍させるには!?

 

 以上のように、飛竜クロダイ63モデルには多くのメリットがあります不要に長い竿を使う必要はありませんが、数々の利点を武器として攻めに反映できるのであれば、この長さを活用しない手はないでしょう。重い、取り回しにくいなど、ネガティブなイメージもあるのですが、扱い方さえマスターすれば一日中振ることだって可能です。そのためには両手で竿を扱うことを習得してください。利き手(A)はリールを持ち、もう一方の手(B)はリールの前方を持ち、竿尻は(A)側の脇に挟んで構え、そして狙うポイントに(B)側の肩を向けるように半身に構えます。これで63スタイルは完成です。
 ラインを送り出したい時は(B)の手でリールからラインを引き出したあと、両手でしっかりリール付近を持って、
(B)の手で穂先・2番・3番だけをしゃくるようにしてみましょう。長竿特有のしなりと反発力でいとも簡単にUガイドからラインが放出されることでしょう。
 またファイト時も両手を使います。(A)はリールを持ち、(B)は竿尻かリール前方を持ってタメを効かせます。例えばテトラ穴で掛けた場合は積極的なロッドワークは使わずにロッドを起こさず動かさず固定して、最大限に竿の反発力を活用してリールのクレーン巻きで穴から引きずり出します。ここで注意すべきは竿が長い分、限界まで曲がっているような錯覚に陥りやすく、不要にもリールからラインを出してしまい魚に主導権を渡してしまうことです。常に釣り人側が主導権を握れるように竿の強度とねばりを信じてここ一番はラインを出さずに耐えてみてください。おのずと魚が根負けすることでしょう。
 私の場合、『飛竜クロダイT-63UM』は喰わせ重視のオールラウンダー、『飛竜クロダイMS-63U』はタメ重視の
勝負竿という位置付けで状況に応じて使い分けています。
20170102築港51㎝20170205中島-1 
 
 
 
 

  
 
 さて、ここまでお読みのあなた! 飛竜クロダイ63モデルってなかなか楽しそうでしょ!?
一度この手の長竿でのファイトを味わうと病みつきになること間違いなし! 是非ともあなたのラインナップに加えていただきたいスペシャルタックルなのです。続きを読む

Boat-Casting Rod

 黒鯛(チヌ)の落し込み釣りの新しいジャンルとしてボートからの落し込み釣りがあります。東京湾などではヘチ竿やルアーロッドを使ったスタイルが定着していますが、中京地区では前打ちスタイル(ボート前打ち)がさかんであり、長い前打ちロッドを駆使して黒鯛(チヌ)を仕留めています。
 今回はその「ボート前打ち」にスポットを当て、ボートからの前打ちの魅力やメソッド、そしてメインは現在使用しているスペシャルなタックルを紹介します。 

ボート前打ちとは?
 
 ズバリいってボートからの前打ち!いつも使っている前打ちのタックルに釣り方も同じで、違うのは自分の足がボートにかわっただけなのです。そして魅力はなんといっても通常では立ち入ることのできない
20160211尼崎港20160221尼崎港 
 
 
 
 
 
 
 
ストラクチャーをボートの機動力をもってランガンスタイルでドンドン攻めれること。当然そのような場所の黒鯛(チヌ)は警戒心が少なく、アタリも派手でたくさんあり好釣果が約束されます。
20160221尼崎港56㎝20170128尼崎港55㎝ 
 
 
 
 
 
 
 
また高確率で大型の黒鯛(チヌ)との出会いがあるのも大きな魅力のひとつといえるでしょう。
 そんな良いことずくめのボート前打ちですが、よりゲーム性を高め楽しむためにはちょっとしたテクニックが必要です。次ではそんなテクニックもふまえて、ボート前打ちでの釣り方について解説していきましょう。

ボート前打ちは簡単であり難しい!?

 基本的な釣り方としては「出来るだけ魚との距離を取りながら目標のポイントにエサを打ち込みフォールで食わせる」ことであり、長い前打ちロッドが魚との距離を稼げ、ポイントに対してロッドワークでエサをそっと投入できるのでアキュラシー性の高いキャストが可能です。
 ここで注意する点は展開がすべてにおいて早いこと。潮にボートを流しながらドンドンストラクチャーを攻めていくのでエサがフォール中でもボートは流されてます。その日のバイトするタナに自分の立ち位置が来てアタリが取れるように、先々に目をやりキャスティングすることが重要です。
 そしてより釣果を望むならキャスティング技術を身につけること。通常はラインを掴み振り子の要領でポイントにエサを送り込むフィリッピングを多用するのですが、オーバーハングした奥のポイントを
20160305尼崎港20160305尼崎港-55 
 
 
 
 
 
 

攻める場合はピッチングやフリップキャスト、また多少テクニックが必要ですが利き手と逆の手でエサやラインを掴み、竿先を絞り込んで離すことで弓矢のようにエサをを飛ばすボーアンドアロー、さらにはその応用で水面をはねさせてハング奥へエサをを滑りこませるスキッピングなどの多種多様なキャストを織り交ぜポイントを攻略すれば飛躍的に釣果は上がり、賢く警戒心の強いモンスター級を手中に収めることができるでしょう。 では次にこれらのテクニックを実現してくれるボート前打ちに特化したロッドを紹介します。
 
ボート前打ちにおけるロッドを考える。

 ボートという狭い船上で仕掛けを用意をするには、全節ロッドを伸ばさないとガイドにラインが通せないUガイドの前打ちロッドは不便であり断然テレガイドロッドが便利です。そこで私は穂先をUガイドのままにして2番(穂持ち)以降をテレガイドにカスタマイズして使用しています。
飛竜クロダイテレガイドカスタムBJ SNIPER SMT T-52TLM 
 
 
 
 
 
 

穂先をUガイドのままにしているのは次から次へと打ち込むマシンガンキャスト時、穂先にラインが絡むことを防止しており、次いで穂先に出る視覚感度や食い込みの良さを考慮したものです。また2番(穂持ち)は必ずラインが絡みにくいIMガイドを使用しているのも特徴といえるでしょう。調子についてはキャスティングに必要なブランクの反発力を考えてT(タフ)調子を選択、これ以上強いブランクで反発力が増えてくると、キャスティング技術が難しくなりアキュラシー性が低下してくるので注意が必要です。また風や波、潮流の関係でボートを流すラインが多々変化するので、瞬時に長さを変えられるマルチレングスは必要な機構のひとつといえるでしょう。
 このようなことをふまえて、私がカスタムのベースにしているロッドはメガトップ搭載の「飛竜クロダイ T-53UM」とスーパーメタルトップ搭載の「BJ SNIPER SMT T-52UM」の2モデル。
20170128尼崎港(飛竜クロダイT-53UM ))56㎝ 
 
 
 
 
 
 

通常はしなやかで視覚感度に優れたメガトップを使用しており、居食いが多くアタリが取りにくい状況下では優れた手元感度でしっかり前アタリが取れるスーパーメタルトップを登場させています。 
  
 ボート前打ちは自己記録の更新にもっとも近い釣りのひとつだと思います。
20170128尼崎港55㎝-120170128尼崎港56㎝2-  
  
 
 
 
 
 

モンスター級の大物が前打ちロッドをひん曲げボートを引きずる強烈なファイトをひとたび味わえば、アナタもきっと病みつきになること間違いなしですよ~ d(⌒ー⌒)続きを読む

LINEUP (ROD&REEL)

2017年主力で活躍するマイロッドをご紹介!

  

BJ SNIPER METALTUNE ヘチ F-300M (通称:メタへチ)

ヘチ釣りのメインロッド

オールシーズン使用(LEADER 0.8~2号)

  

BJ SNIPER 落し込み T-35TLM (通称:ビージェイのテレガイド)

ヘチ釣りのメインロッド!? ランガン&バックアップロッド(LEADER 1~2号)

  

BJ SNIPER 落し込み F-40UM (通称:エフ・フォーティ )

落し込み目印のメインロッド

主に垂直ケーソンで使用(LEADER 0.8~1.5号)

    

BJ SNIPER 落し込み T-40UM (通称:タフ・フォーティ)

ストラクチャーにおける落し込み目印のメインロッド

主にスリット・ハング・パイルなどで使用(LEADER 1~2号)

    

BJ SNIPER METALTUNE MS-42UM (通称:メタルモンスター 略してメタモン)

ハードストラクチャーにおける落し込み目印対応ロッド

主にスリット・ハング・パイルなどで使用(LEADER 1.5~3号)

  

BJ SNIPER 落し込み TH-45UM (通称:タフハード・フォーティファイブ)

テトラにおける前打ちのメインロッド

足場の高いストラクチャーフィールドの落し込み目印でも使用(LEADER 1.5~4号)

    

BJ SNIPER 前打ち F-53UM (通称:エフ・ごーさん)

前打ちのフィネス対応ロッド

主にテトラや石畳からの細いラインでの前打ちで使用(LEADER 0.8~1.5号)

 

BJ SNIPER 前打ち T-53UM (通称:続トーナメント前打ちまたはトーナメントパートⅡ)

前打ちのメインロッド

主にテトラや石畳からの前打ちで使用(LEADER 1~2号)

  

BJ SNIPER 前打ち MS-53U (通称:モンスター)

ストラクチャーにおける前打ちメインロッド

主にテトラで使用(LEADER 2~4号)

  

BJ SNIPER METALTUNE MS-52UM (通称:メタルモンスターの長いヤツ)

ハードストラクチャーにおける前打ちメインロッド

ややこしいテトラで使用(LEADER 2~4号)

  

BJ SNIPER 前打ち T-63UM (通称:スナイパーライフル)

遠距離狙撃ロッド

主に石畳やテトラでの前打ちで使用(LEADER 1.5~3号)

  

飛竜クロダイ MS-63U (通称:モンドラ63)

遠距離ハードヒッターロッド

主にテトラでの前打ちで使用(LEADER 2~3号)

  

ラインナップ(ロッド) 

続きを読む

MΦNSTER DRAGON 降臨

 釣り人は大きく2つのタイプに分かれるようである。ひとつは、仕掛けにせよ竿にせよ、気に入ったものを徹底的に使い込んで自分のモノにするタイプ。もうひとつは、釣り場の状況や魚の食いによって多種多様な仕掛けを使い分けるタイプ。どちらが正しいというわけではない。釣りの目的は魚を釣ることであり、型を狙うのか数を狙うのかは人によるが、ようは本人が楽しめればよいのである。
 そして、私的には状況に応じた多種多様なタックルを使い分けるスタイルなので、必然的にあれやこれやと道具は増えてしまってますが・・・  今回は私のラインナップに追加した、マイブームの長尺前打ち竿
20161229築港(飛竜クロダイMS-63U)  
  
  
  
   
 
 
 
 
 
“飛竜クロダイMS-63U
をご紹介!
 さて、大阪湾での前打ちといえばテトラがメインフィールドですが、12月も後半になると際穴にいたチヌ達は水温の低下にとともに沖へ移行しはじめます。こんな状況下では今までより沖を攻めるのが定石であり、それにあわせて長い竿が有利に働いてくれるでしょう。そこで、今回はテトラでの大物をターゲットとした、現行MS調子の最長レングス“飛竜クロダイMS-63U”を使用することに。
 まずこのロッドの大きな特徴はブランクにHVFカーボンを採用しており、パキパキに張っているのではなく、ナチュラルかつパワフルな粘りで魚を寄せることを真骨頂とし、曲がりのストロークが大きく、弾力の調整幅が広いため、グッと曲がり込んでから起き上がるまでに適度な「間」がある、いわば急激な引き込みに対して竿を伸されにくいというメリットがあります。もうひとつの特徴はメガトップを採用していることで、細く削り込まれた軽量なカーボン穂先は道糸を打ち返すレスポンスがよく、また抜群の表現力で魚のシグナルを確実に伝えてくれます。
 2016年12月29日の釣行では
20161229築港20161229築港(ベイト)  
  
  
  
  
  
  
 
前日からの冷え込みで魚の活性が低い中、小さな引き込みアタリにもメガトップは即座に反応し、抜群の目感度を再認識することが出来、そしてひとたびフッキングすれば大きな弧を描きながら魚をじっくり浮かせてくれる爽快な光景は、2016年ラスト釣行&ラストフィッシュにふさわしいもので
20161229築港-120161229築港-2  
  
  
  
  
  
  

来年に向け心強いタックルが仲間入りしたことを実感しました。
新年初釣りも “MΦNSTER DRAGON 63” で決まり!って感じですね~ v( ̄ー ̄)v続きを読む
アーカイブ
  • ライブドアブログ