THE BLACK STALKER

BLACK JACK SNIPER(黒鯛師) 研鑽!

釣り(タックル)

BJ SNIPER 落し込みMH-40UM・R

 2020年3月にデビューした 「BJ SNIPER 落し込みMH-40UM・R」 は現在私の主力の目印竿になっています。今年好調な落し込み釣りの状況も手伝って、
20200813-120200810-8







5月頃から今までにゴーマルオーバーを50枚近く釣り上げ、限界近くでの性能データが蓄積されたのを機に今回はこのロッドにスポットを当て、特徴や活用法についてご紹介したいと思います。

プロローグ 

 2020年春にBJ SNIPER 落し込みシリーズが一新されるということで、2019年の晩夏頃よりテストを重ねてきました。私の担当したテストロッドはストラクチャー向けのHタイプであり、テスト期間中から目印竿ではスタンダード調子であるMHタイプがどんな竿になるのか気になっていたのも事実です。

20200525-120200705-4





 さっそく5月頃からMHタイプでの実釣を開始!はじめて手にした時、Hタイプに慣れた私には一見華奢な感じは否めませんでしたが、使い続けていく内に目印竿の“あるべき姿”というものが見えてきました。それでは次からはこのロッドの特徴を見ていきましょう。


まずは穂先に注目!

 

  BJ SNIPERシリーズ初搭載となるメガトップは高感度&高強度のカーボンソリッド穂先。繊維と樹脂が均一に分散するカーボンソリッドであり、どの方向にも同様の曲がりを見せる。更に通常のカーボンソリッドに比べて強度が飛躍的に向上。これにより細径で柔軟、ハイテーパーな穂先を作ることが可能。カーボン素材特有の手に響く感度はもとより、穂先に表れる視覚的感度も大幅に向上しています。
 落し込み釣りでは風に向かったり追い風になったり、はたまた潮流の関係で右を向いたり左を向いたりと立ち位置やラインメンディングによるロッドの角度が多種多様です。そんな状況下ではメガトップの「どの方向にも同様の曲り」というのが、アタリを取るポジションに制約がなく、釣り人側に大きなアドバンテージとなる待望の穂先性能と考えます。

20200808-1220200806-7





 また、細径で柔軟なハイテーパーの穂先は聞きアワセ時のバイト感覚や目印を沈めきった深タナでのラインの止めや微妙な引き込みのアタリを穂先先端部が見事に表現し、「アタリ」の情報を手感度&視覚感度の両方で確認できるので精度の高い攻めが可能になっています。


一新されたブランク“HVFナノプラス”

  

 竿の種類ごとに、適した「カーボンテクノロジー」があります。例えば、軽さと感度、高弾性の張りを重視する鮎竿には『Z-SVF』や『S−SVF』、渓流竿やへら竿には『S-SVF』、力強さと感度が必要なブラックバスなどのルアーフィッシングには『SVF』や『HVF』、しなやかな曲がりや粘りが求められる磯釣りや船釣りには『HVF』といったように。ここで挙げたのは一つの例で、それぞれの用途によってカーボンとレジンの量を調整することで、さらに細かい設定が行われていく。各ジャンルを楽しむ釣り人が欲しい「カーボンテクノロジー」をDAIWAは適材適所に採用しています。

20200815-420200815-6





 そして、今回もうひとつ初搭載されたのが『HVFナノプラス』のブランクです。このブランクは東レ(株)ナノアロイ®テクノロジーをダイワ独自の製法で組み合わせることで、従来のHVFカーボンよりレジン(接着樹脂)を減らし、さらなる高強度化・軽量化を可能としており、私もはじめて手に取った瞬間「軽い」と感じたのを今でも記憶しているしだいです。そして強度が上がることのより細身化を実現しており、風に向かうことの多い落し込み釣りでは細身のブランクは風の影響を受けにくいので操作性が向上しています。

20200810-320200815-3






 特筆すべき点では今回のブランクはとにかく曲りにおけるパワーやトルクの出方がマイルドかつフラットなので、ファイト中の魚の挙動が把握しやすく、ラインの限界も余裕をもって察知して対処できるのでバラシを減らすのに大きく貢献しています。


実釣で際立つ充実のスペック!

  

◇リール固定力、グリップ力大幅機能アップしたダウンロックのエアセンサーシートを採用
◇ 50cmマルチレングス採用し、ランガン時や干満よる異なるシチュエーションでも柔軟に対応が可能
◇軽量でライン放出をスムーズにする大型Uガイド搭載(#1~#3)
◇元ガイドは堤防角に引掛りにくい逆付けLCガイド(#4~#5)
◇EVA着脱タイプ肘当て:不意の大物にも肘が滑らず安心して操作が可能(オプション)

20200410-220200410-3






 特に元竿のガイド位置ですが、従来のロッドではリール位置から元竿ガイドまでの距離が短く、リールからのラインの送り出しに違和感を感じていましたが、今回は距離が保たれベストなガイドバランスになったと感じています。新しいエアセンサーシートもがっちりリールをホールド出来るので、大物との勝負時もリールのガタツキが気にならなくなり、私の場合はダウンロック用の大きな固定ナットが高場でのロッドの落下防止を考えたリール前部でのグリッッピングを快適にしています。ストラクチャーをメインに釣行される方は「タメて獲る」場面が多いかと思います。そんな時に非常に役立つのがオプションの「着脱タイプ肘当て」で、私も装着していますがタメ時にしっかりロッドをホールドし、ロッドパワーを如何なく発揮してくれる頼もしいパーツになるのでお勧めです。


目印竿のスタンダード!

 
 『BJ SNIPER 落し込みMH-40UM・R』は、BJ SNIPERシリーズで基本となる調子のロッドです。その特徴の最たるものは何と言っても「軽さ」です。自重は165gで手元にバランスを集め持ち重りが軽減される設計であり、体感上はさらに軽く感じるはずです。一日釣りをしても楽に取り回すことができます。
 3.5⇔4.0mのマルチレングス機能を採用しているので3.0mの目印まで対応は可能でしょう。カタログスペックでは適合ハリス(ナイロン)1~4号とありますが、私の使用感ではフロロでしたら1.5号を中心に1.2~2号がベストだと思います。伝統的なUガイドはラインがらみを臆することなく、あらゆる角度からのアプローチに対応でき、落し込み釣りの神髄である機動力が存分に発揮されるでしょう。イトフケなくロッドに沿うUガイドは感度の面でもテレガイドよりはるかに有利です。

20200705-520200815-13





 竿が立てられない状況が多い落し込み釣りにおいて、新搭載の曲がりながらも粘る粘靱ブランクスHVFナノプラスのポテンシャルは、MH調子が一番発揮されるといっても過言ではありません。グッと曲げ込んでからが本領発揮するので、不意に食ってきた50cmオーバーの大型黒鯛(チヌ)でも余裕を持って対処できるはずです。目印による落し込みのハイシーズンには、きっとメインを張る心強い1本になってくれるでしょう!

続きを読む

エフ・フォーティファイブ (BJ SNIPER 落し込み F-45UM)

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。


 さて、新年早々ですがガッツリとタックル紹介をしたいと思います。今回取り上げるのは“BJ SNIPER 落し込みF-45UM”です。現在、私が目印での落し込みで主力にしているこのモデル、時代の流れや環境変化からかコアな落し込み黒鯛師には人気があるのですが、今後後継モデルが出ない事もあり、備忘録的に記事にしようと考えました。
 それでは誕生の経緯を含めてこのモデルの特性や活用法についてご紹介いたします・・・
 
“落し込みSPECIAL 45UM”の存在・・・
 
 1990年後半にダイワから“落し込みSPECIAL 45UM”というロッドが登場しました。
ブランクは当時先鋭のSVFカーボンで先径06と細く、ダイワ初となる手元で瞬時に40⇔45にズームアップできる機能を備え、1本の目印で際や前を打つ名古屋釣法に適したロッドであり、繊細な釣りを身上とする中京地区で特に人気を博したロッドでした。
20190721-120190721-2320190721-26





 私もこの繊細な穂先をあわせ持つ高感度の先調子ロッドを長年愛用しており、関西でのハングやスリットでもパワー負けすることなく活躍してくれました。しかし聞きアワセをメインとする私の釣り方では#2の張りが仇となり幾度か魚を乗せきれなかったことがあり、釣り方を掛けアワセに変更せざる負えなかったことも記憶しています・・・
 そして、2004年春に赤いブランクをまとった初代“BLACK JACK SNIPER”シリーズが登場!“T” モデルは名古屋釣法も視野に入れた中京向け、“T超硬” モデルはハングやスリットなどストラクチャーの多い関西向け、当時注目を浴び出した繊細な目印に特化した“パワーゼロⅠ・Ⅱ”などのモデル達がラインナップされます。
20190715-220190715-1420190715-17





しかしながら39⇔45のレングスはありましたがブランクはHVFカーボンであり、この時点では“落し込みSPECIAL 45UM”の後継モデルと言えるものは存在しませんでした。
 その後11年の歳月を経て、2015年春に2期目となる“BJ SNIPER”シリーズが一新され登場!このシリーズからブランクがSVFカーボンにグレードアップされ、レングスも40⇔45となり前モデルにはなかった “F” モデルがラインナップ、
20190905-120190912-420190912-3





正式名は“BJ SNIPER 落し込みF-45UM”であり、当時最新技術である X45 ・ V-JOINT ・ スーパーセンサーハンプ板シート などを装備し、待望の“落し込みSPECIAL 45UM”の後継モデルとして誕生しました。
 それでは次に“BJ SNIPER 落し込みF-45UM”の詳細についてご説明いたします。
 
“BJ SNIPER 落し込みF-45UM”はどんな竿!?

 このモデルには中京向けレギュラータイプのF-45UM(40⇔45)と低い堤防が多い関西向けF-40UM(35⇔40)との2タイプが用意さています。以前の“落し込みSPECIAL 45UM”との大きな違いは先径であり、06径に対して07径と若干太く設定されています。これについては落し込み釣りのハイシーズンに発生する南西風に向かいあって釣る際、穂先の振れを抑える効果があり、近年のBJ SNIPERシリーズの特徴でもあります。そして以前の気になっていた#2の張りは抑えられ、スムーズに#3へ移行する曲りを実現しており、スイープなアワセをする際には#3でフッキングを決めるイメージのロッドになっています。
20190818-320190817-18







 このアワセからのフッキングこそがファーストコンタクトで魚を驚かさず沖への誘導を促すことが出来、ストラクチャーでの目印ロストやラインブレイクを軽減させる効率的な手段であり、私の理想とする調子になります。しかし掛けアワセをメインに考えると#3まで曲げるにはタイムロスがあり、ロッド全体の同調子的柔らかさからフッキングのあまいロッドのイメージを持たれる方が多いのも事実です。ですので私的には限られた釣り方に対応するアンチバーサタイルなスペシャルロッドと位置付けています。
 
“BJ SNIPER 落し込みF-45UM”は落し込みスペシャリストのロッド!
 
 近年、タックルの進化は著しく、スリットやパイルなどチヌを狙いやすいストラクチャー周りでも気遅れせずにアプローチ出来る擦れに強いラインや魚にパワー負けしない強靭なロッドが多数登場しています。そんな環境下でも人的プレッシャーやフィールドコンディションが悪く、魚に口を使わすにはフィネスな対応を迫られる場面が年間を通して発生しているのも事実です。そんな時により細いラインでストラクチャーを攻め、掛れば魚を誘導してラインブレイクを回避して取り込める技術を身に付ければ貴方の頼もしい武器になるのではないでしょうか。スリットなど足元のストラクチャーから魚を誘導するためには魚が沖を向いた時に少しテンションを抜くなどの細かなパワーの出し入れ作業が必要です。そのため、まずは違和感なく魚に食わせる柔らかさとファイト中において魚の動きが手に取るように分かるロッド感度が必要になり、より感度の高いSVFカーボンがブランクに使われることが望ましく、私自身過去多くのロッドを使用して今一番理想に近い調子が“BJ SNIPER 落し込みF-45UM”となっています。
20190817-120190821-3320190821-34



 
 
 さて、この記事をお読みになってご興味を持たれた方は“BJ SNIPER 落し込みF-45UM”一度手にして使い込んでみてください。魚を誘導する、言わば手玉に取るファイトスタイルは病みつきになること請け合いです!
続きを読む

5月3日 湾奥(前打ち)

今回はパワーフィネスでの接近戦で
20190503-120190503-320190503-4 
 
 
 


テトラを攻略!
開始からアタリまくりで
20190503-520190503-620190503-720190503-820190503-920190503-1020190503-1120190503-1220190503-1320190503-1620190503-1520190503-1720190503-1820190503-1920190503-2020190503-2120190503-1420190503-22 
 
 

  
 
 

 
 

 
 
 
 

  
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
まるで夏の釣りを彷彿させる一日でした♪♪
 
《TACKLE DATA》 20190503-24
ROD:BJ SNIPER SMT T-52UM
REEL:BJ75D
LINE:ナイロン 3号
LEADER:カーボン 2.5号
HOOK:伊勢尼 8号
続きを読む

9月19日 湾奥(ヘチ)

夕方ちょこっと時間が出来たので
20180919-120180919-11 
 
 
 
 
 
 

NEWへチロッドを曲げに近所の岸壁へ!
20180919-320180919-420180919-220180919-6
 
 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
肉厚なブランクは7:3調子の粘りのある好みの曲がりで
20180919-520180919-7
20180919-820180919-9 
 
 
 
 
 
 

 
 
 

 

 
これからヘチ釣りが楽しくなりそうです♪♪
 
《TACKLE DATA》 20180919-10
ROD:BJ SNIPERヘチ M-300MK・V
REEL:BJ85
LINE:ナイロン 2号
LEADER:カーボン 1.2号
HOOK:伊勢尼 8号
続きを読む

RUN GAN@Style

ランガンとは、移動しながらアプローチを繰り返し魚のヒット率を上げる技術のこと・・・

 本来、黒鯛(チヌ)の落し込み釣りはランガン(RUN&GUN)が基本となる釣りであり、移動した距離だけ魚との出会いが多くなります。そして一日を通して刻一刻と変化するレンジやポイントを的確に攻略するためには、その状況にアジャストさせたタックルが必要になってきます。そこで今回は当ブログが提案するランガンスタイルのご紹介です!
  
ランガンに求められる
最高のアプローチとはどんなものか

  
 ランガンにおける最大の武器は機動力。魚を追い求めて軽快に移動できる様に必要なタックルを最小限に厳選しなければなりません。さて、近年ブラックバスのオカッパリの世界では、複数本のロッドを用意してランガンする光景を良く目にします。
20171104ランガンスタイル
 
 
 
 
 
 
スピナーベイトやハードルアーからロッドを持ち替えワーム系でフィネスなフォロー、巻物から目の前に現れたカバーをラバージグにチェンジする光景はなるほど理にかなったスタイルであり、限られた時間内の釣りにおいて、ルアーチェンジによる結び換えの時間を短縮できますし、また目の前に現れる様々なポイントを攻略するにあたり、瞬時にタックルチェンジ(ロッド・リール・ラインを含めた)を行うことができます。
 自らが積極的に移動する攻撃的な釣りにおいて、柔軟かつバーサタイルなスタイルこそがランガンにおける最高のアプローチであり、この様な効率的なスタイルを黒鯛(チヌ)の落し込み釣りにも取り入れる手はないのかと考えてみました。
 
テレガイドロッド小継飛竜に注目!
  
 さて、黒鯛(チヌ)の落し込みにおいて目印の利点は落とすベイトの軌道と小さなアタリの見極め、イガイ使用時には落ちる進行方向を制御下におけること。そしてヘチ釣りの利点は落ちる餌に対し積極的にアクションを加えれること。ラインのみのシンプルな仕掛けにより自在にレンジを変えられ、また大胆にストラクチャーを攻めれることが上げられます。この2タイプの釣り方をロッド二本で瞬時にチェンジできれば、目の前に現れたポイントに対し理想的なアプローチが可能になることでしょう。
 そのためには腕の延長となるロッドは足場や干満の高低さにより長さが変えられ、レンジを幅広く効率的に攻めるにはラインの放出性能が優れていなければなりません。これらの条件を満たすにはマルチレングス機能とテレガイドをあわせ持つロッドが理想であり、新たにメガトップを搭載して登場したダイワ“小継飛竜”に注目。
20171111西宮湾奥-320171022 
 
 
 
 
 
 

豊富なラインナップの中からパワータイプの違う1&2号の33-39マルチレングスをチョイスしました。
そしてこのロッドに注目したもうひとつの理由は仕舞寸法74㎝と短いためにサブロッドの方は仕掛けを巻き込んで仕舞って玉の柄と一緒に腰に装着しておけば移動時も邪魔にならず、
20171029神戸湾奥-4 
 
 
 
 
 
 

快適なランガンを行うことができるからです。次からは実釣による効果のほどをご説明いたしましょう。

二刀流ランガンスタイルの真価は
  
 今回提案したスタイルが活躍する場として通称 神戸第五防波堤があげられます。
20170709神戸渡船20171216-1 
 
 
 
 
 
 
 
この防波堤の南面は大型サルベージ船が沖合い30メートルに数機係留、北面は台船が2~3船連なって東西びっしりと係留されています。この神戸港を代表するストラクチャーフィールドの狙いどころといえば、南面では沖合いの大型サルベージ船に対面する場所、ここはチヌが大型サルベージ船とケーソン間を行ったり来たりする場所なので魚影が濃く、アタリが多い場所になります。また日が昇りハイライトになると北面の台船と台船の隙間が影になり警戒心も薄れて断然有利!
20171216-2 
 
 
 
 
 
 

年間を通じて多くの年ナシが釣れる実績ポイントになります。
 実釣にあたっては1号33-39は目印をセット、2号33-39にはPEを巻いたヘチリールをセットします。朝夕ローライト時は障害物がなくリスクの少ない南面を1号ロッドによる目印で上層の釣りを楽しみ、日が照りつけるハイライト時やスケ潮の時などは2号ロッドによるヘチ釣りでレンジを下げた釣りや台船回りの影を狙う展開にシフトすれば一日を通してより多くの魚に出会えることでしょう!
20170918神戸渡船-720170918神戸渡船-120171103神戸渡船-120171103神戸渡船-10 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

  
 
  
 さて、今回提案した“二刀流ランガンスタイル”はまだまだ色々なバリエーションを秘めており、
20171111西宮湾奥-4 
 
 
 
 
 
 

この記事をお読みのアナタのアイデアしだいではきっと多くのフィールドを攻略する架け橋になってくれるハズ!皆様も一度ダイワ“小継飛竜”を手にしてみてはいかがでしょうか!? 

続きを読む
アーカイブ
  • ライブドアブログ