釣友との会話の中で、「浅いタナでたまたま釣れた」「今日はあそこのポイントにたまたまチヌがいた」

と・・・

んっ?たまたま=偶然という意味合いで使われているように

感じますが、はたして偶然でしょうか!?

エサのついた竿を手に持って海面に落とすということは、「釣る」という意識を持っての行動です。

その行動により魚が掛れば「釣るべくして釣った」=「必然」と考え、魚を釣るにあたって「偶然」は存在

しないと考えます。(ちょっと暴力的ですが・・・) 

逆に「偶然」と考える人は情報処理能力や認識力が追いつかずに、予測不可能な状況を

「偶然」という言葉で片付けているように見受けられます。

経験の浅い人が自分より釣った場合、「ビギナーズラック」という言葉で片付けてしまうのも、卑下や

妬みから発せられた言葉であり予測不可能だった自分のキャパを隠すものと考えます。

識力と処理能力向上にはその部分を深く掘り下げて考察する必要があり、自然との対話のまた

一歩を踏み出せるものと考え習慣づけるよう努力しています。

ちょっと哲学的になりましたが・・・

自然相手の釣りですから、すべてを把握するのは難しいですが、それが奥深い魅力でもアリ、

楽しみですね^^

20100508_4