ランガンとは、移動しながらアプローチを繰り返し魚のヒット率を上げる技術のこと・・・

 本来、黒鯛(チヌ)の落し込み釣りはランガン(RUN&GUN)が基本となる釣りであり、移動した距離だけ魚との出会いが多くなります。そして一日を通して刻一刻と変化するレンジやポイントを的確に攻略するためには、その状況にアジャストさせたタックルが必要になってきます。そこで今回は当ブログが提案するランガンスタイルのご紹介です!
  
ランガンに求められる
最高のアプローチとはどんなものか

  
 ランガンにおける最大の武器は機動力。魚を追い求めて軽快に移動できる様に必要なタックルを最小限に厳選しなければなりません。さて、近年ブラックバスのオカッパリの世界では、複数本のロッドを用意してランガンする光景を良く目にします。
20171104ランガンスタイル
 
 
 
 
 
 
スピナーベイトやハードルアーからロッドを持ち替えワーム系でフィネスなフォロー、巻物から目の前に現れたカバーをラバージグにチェンジする光景はなるほど理にかなったスタイルであり、限られた時間内の釣りにおいて、ルアーチェンジによる結び換えの時間を短縮できますし、また目の前に現れる様々なポイントを攻略するにあたり、瞬時にタックルチェンジ(ロッド・リール・ラインを含めた)を行うことができます。
 自らが積極的に移動する攻撃的な釣りにおいて、柔軟かつバーサタイルなスタイルこそがランガンにおける最高のアプローチであり、この様な効率的なスタイルを黒鯛(チヌ)の落し込み釣りにも取り入れる手はないのかと考えてみました。
 
テレガイドロッド小継飛竜に注目!
  
 さて、黒鯛(チヌ)の落し込みにおいて目印の利点は落とすベイトの軌道と小さなアタリの見極め、イガイ使用時には落ちる進行方向を制御下におけること。そしてヘチ釣りの利点は落ちる餌に対し積極的にアクションを加えれること。ラインのみのシンプルな仕掛けにより自在にレンジを変えられ、また大胆にストラクチャーを攻めれることが上げられます。この2タイプの釣り方をロッド二本で瞬時にチェンジできれば、目の前に現れたポイントに対し理想的なアプローチが可能になることでしょう。
 そのためには腕の延長となるロッドは足場や干満の高低さにより長さが変えられ、レンジを幅広く効率的に攻めるにはラインの放出性能が優れていなければなりません。これらの条件を満たすにはマルチレングス機能とテレガイドをあわせ持つロッドが理想であり、新たにメガトップを搭載して登場したダイワ“小継飛竜”に注目。
20171111西宮湾奥-320171022 
 
 
 
 
 
 

豊富なラインナップの中からパワータイプの違う1&2号の33-39マルチレングスをチョイスしました。
そしてこのロッドに注目したもうひとつの理由は仕舞寸法74㎝と短いためにサブロッドの方は仕掛けを巻き込んで仕舞って玉の柄と一緒に腰に装着しておけば移動時も邪魔にならず、
20171029神戸湾奥-4 
 
 
 
 
 
 

快適なランガンを行うことができるからです。次からは実釣による効果のほどをご説明いたしましょう。

二刀流ランガンスタイルの真価は
  
 今回提案したスタイルが活躍する場として通称 神戸第五防波堤があげられます。
20170709神戸渡船20171216-1 
 
 
 
 
 
 
 
この防波堤の南面は大型サルベージ船が沖合い30メートルに数機係留、北面は台船が2~3船連なって東西びっしりと係留されています。この神戸港を代表するストラクチャーフィールドの狙いどころといえば、南面では沖合いの大型サルベージ船に対面する場所、ここはチヌが大型サルベージ船とケーソン間を行ったり来たりする場所なので魚影が濃く、アタリが多い場所になります。また日が昇りハイライトになると北面の台船と台船の隙間が影になり警戒心も薄れて断然有利!
20171216-2 
 
 
 
 
 
 

年間を通じて多くの年ナシが釣れる実績ポイントになります。
 実釣にあたっては1号33-39は目印をセット、2号33-39にはPEを巻いたヘチリールをセットします。朝夕ローライト時は障害物がなくリスクの少ない南面を1号ロッドによる目印で上層の釣りを楽しみ、日が照りつけるハイライト時やスケ潮の時などは2号ロッドによるヘチ釣りでレンジを下げた釣りや台船回りの影を狙う展開にシフトすれば一日を通してより多くの魚に出会えることでしょう!
20170918神戸渡船-720170918神戸渡船-120171103神戸渡船-120171103神戸渡船-10 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

  
 
  
 さて、今回提案した“二刀流ランガンスタイル”はまだまだ色々なバリエーションを秘めており、
20171111西宮湾奥-4 
 
 
 
 
 
 

この記事をお読みのアナタのアイデアしだいではきっと多くのフィールドを攻略する架け橋になってくれるハズ!皆様も一度ダイワ“小継飛竜”を手にしてみてはいかがでしょうか!? 

続きを読む